×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘアサイクル−喜びの育毛体験へ−

ヘアサイクル

健康で正常な髪の毛にも寿命があり、いつかは抜けてしまいます。
但し、抜け落ちても同じ毛穴からまた新しい髪の毛が生えてきます。
繰り返し行われるこの生え変わりを「ヘアサイクル」(毛周期)と言います。
育毛をする上で是非知っておきたいこのヘアサイクルを勉強していきましょう。

ヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」⇒「成長期」とサイクルし、生え変わりをくるくる回しています。
成長期は「毛乳頭」から栄養分を受け取った「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返し行うことで髪の毛が成長する機関です。
結構長い期間ですが、男性だと通常2〜6年、女性の場合だと4〜7年位続くと言われています。
「成長期」である髪の毛は髪全体の85〜90%を占める割合で、残りの割合は退行期か休止期と言う訳です。

退行期である髪の毛は全体の1%程度なのですが、「毛球」が小さくなることで栄養が届かなくなり、毛母細胞の分裂が衰えている状態を言います。
退行期である期間は大体2、3週間です。

残り9〜14%位は休止期となります。
期間は約2、3ヶ月で、毛母細胞の活動が完全に止まって休んでいる状態を言います。
休止期になると髪の毛は自然に抜け落ち、健康な髪の毛の持ち主でも1日約50本〜100本抜けると言われています。

この「ヘアサイクル」が乱れると髪の毛が成長しきる前に抜けてしまい、薄毛やハゲになってしまったりします。
育毛を行うと言うことは、正常な成長の為、毛母細胞に栄養をしっかり送り続けることなのです。